2010年11月30日

玄人・素人

玄人
「サポートは不要」というPC上級ユーザーを対象に、ユーザーサポートや日本語マニュアル、商品カタログなどをなくすことで低価格化したり、一般向けとしては販売できないような特殊な知識を求められる製品などを企画、販売する。

パッケージや宣伝用POP、PRイベントで社員が着る法被などで「PC初心者お断り」「素人瞬殺」と標榜しているように、英語マニュアルの読解力やハードウェアに関する高度な知識が必要とされるため、WEB上の各種掲示板で「苦労と思考」「苦労と試行」などと揶揄されたりもするが、公式WEBサイトに置かれている掲示板を通じたユーザー間の情報交換が、製品に対する理解に、一定の役割を果たしている。
玄人
玄人志向は当初、製造・販売元を明らかにしない「正体不明の謎のブランド」として発足したが、小売店への流通はメルコ(2003年10月「株式会社バッファロー」に改称)の子会社であるCFD販売(現在はバッファローと同じく持株会社「株式会社メルコホールディングス」の子会社
Hな4610
GOLD
素人マージャン
posted by kan at 17:46| 日記

2010年11月12日

大島優子

AKB48の大島優子が12月6日放送のTBS系サスペンスドラマ「弁護士 一ノ瀬凛子3」(月曜後9・0)で、愛らしい半玉姿を披露する。
日本髪のかつらをつけ「すごく重くてびっくり」と無邪気な笑顔を見せ、「お芝居で伝統的な芸者遊びもやれて、女優をやってて得しました」と大はしゃぎ。「メンバーと芸者遊びをしてみたい?」と聞かれ、「やらないです。負けたらお酒をイッキ飲みさせられるから」と笑わせた
半玉とは芸者見習いを指す関東中心の花柳界の呼称で、関西で言う舞妓のこと。
弁護士見習いを演じる大島は、凶悪事件の内情を探る潜入捜査のため、芸者になりすました主人公の女弁護士役の高島礼子に同行しお座敷に上がる設定だ
posted by kan at 07:32| 日記

2010年11月03日

前田敦子

10月30日
『AKB48 オープニングメンバーオーディション』に合格(応募総数7,924名、最終合格者24名)。オーディションでは自身の憧れの人でもある柴咲コウの「Glitter」を披露した。
12月8日、オープニングメンバー候補生のうち20名として、AKB48劇場グランドオープンの舞台に立った
よく「昔っぽい顔」と言われるという。
特技として1cm×1cmの紙で鶴を折ることが出来る。本人曰く、「『桜の花びらたち』の紙ふぶきの紙を公演終了後折ってみたらできたから」。
スポーツ全般が苦手。所謂、運動音痴である。
憧れの芸能人は、柴咲コウ。東方神起と福山雅治のファンである。また、福山には「センターが当たり前田の前田敦子」「微笑みの貴公子」とキャッチフレーズを付けられた
posted by kan at 01:06| 日記